KV01
KV02
KV03

私たち中央ビルト工業は、お客様の声に耳を傾け、
安全で高品質な製品を提供することで世の中の役に立つ会社であり続けます。
確かな実績と技術をもって、ともに未来へ。

お知らせINFORMATION

製品情報PRODUCT

7
販売リース
スカイフェンス
マンション等の改修工事で利用者だけでなく、居住者の安全も守り、施工会社にも喜ばれます。
足場
7
販売リース
アルミ製ステップガード
階段開口部手すり枠
シンプル設計・軽量化により設置・撤去時の作業負担を劇的に改善!足場工事の高齢化の悩みにも貢献します!
足場
9
販売リース
マルチトラスA
大スパン用ボックス型トラス材
大スパンで強度のある「素屋根・仮設屋根」、「作業ステージ」など様々な用途に使用可能なボックス型の大スパン用トラス材です!
特殊商品
7
販売リース
スカイウェッジ427
手すり先行くさび緊結式足場
既存の枠組足場部材の資産が活用可能な外径42.7mmの「手すり先行くさび緊結式足場(次世代足場)」
足場
8
販売リース
軽量四角支柱
ユニット型支保工
高さ調整自由自在で汎用性が高く、コストパフォーマンスにも優れています!
支保工
7
販売リース
アルミ製伸縮梯子付きハッチ式布板
伸縮梯子付きハッチ式布板
2段階ロックで扉開閉時の指挟み事故を大幅に軽減します!
足場
9
リース
マルチトラスB
大スパン用ジョイント式トラス材
部品点数が少ないシンプル設計で初めてでも簡単に組み立て可能!大スパンを飛ばす現場で優れたコストパフォーマンスを実現します!
特殊商品
9
リース
アルコラム
アルミ製柱型枠締め付け金具
軽量・ノンセパで型枠工事の施工時間短縮に大きく貢献します!
特殊商品
7
販売リース
鋼製L型幅木
あんな幅木欲しい、こんな幅木欲しいという方へ!
足場
8
リース
アルプロップ
アルミサポート
豊富な製品で幅広い適応範囲!PC工事等の仮設に好適なアルミサポート
支保工
7
販売リース
クイックステップ
アルミ昇降階段
様々な設置場所・角度に対応!迅速に昇降・移動ができるアルミ昇降階段!
足場
7
販売リース
アルミスカイガード
墜落防止用先行型手すり枠
利用者の安全を守るため、墜落防止を極限まで追求しました!
足場

コラムCOLUMN

  • 足場ブラケットの特徴や用途を解説!4種類の足場ブラケットも紹介
    外壁の形状が複雑な場合、建物の足元から組まれる足場に足場ブラケットを追加する必要があります。
    足場ブラケットにはいくつかの種類があり、それぞれを使い分けることで、作業性や安全性が向上します。

    本記事を読むことで、適切な足場ブラケットを検討できるようになります。
    現場での安全性を向上させるとともに、足場の組み替えなどに掛かる費用を抑えましょう。


    ▼ 目次
     1.足場ブラケットとは
        2.  足場ブラケットの特徴と用途
         2-1.  外壁の仕上げが複雑な形状
         2-2.  仕上げのための下地作業
         2-3.  建物と足場との乗り入れ
         2-4.  材料取り込み用のステージ
         2-5.  狭小地での一側足場
       3.  足場ブラケットの種類
           3-1.  固定ブラケット
           3-2.  伸縮ブラケット
           3-3.  張り出しブラケット
           3-4.  ネットブラケット
        4.  まとめ


    1.足場ブラケットとは

     
    足場ブラケットとは、足場の支柱から張り出した作業床を設置するために使用される部材です。
    ブラケットは、垂直荷重を負担するために三角形をしており、「持送り」と呼ばれることもあります。

    ブラケットを隣り合う支柱に平行に設置し、アンチと呼ばれる床材でつなぐことで、
    作業床として使うことができます。


    2.足場ブラケットの特徴と用途


    足場ブラケットは、アルミニウムなどの材質が一般的で、安全性と耐久性に優れているのが特徴です。
    最近は軽量なものが多いため、以前と比べ持ち運びや組み立てが容易になりました。

    ブラケットを使用するメリットとしては、外壁仕上げ前の作業に使用する足場を建物の足元から組み上げる必要がなく、
    外壁の仕上げを考慮した位置に設置すればよいため、簡易的で作業効率が良い点が挙げられます。
    また、用途としては以下の場合に使用されます。

     

    2-1.外壁の仕上げが複雑な形状


    外壁の仕上げが複雑な形状の場合、建物の足元から足場を組み上げると、
    外壁の仕上げに足場が干渉してしまったり、足場を組み上げる手間が掛かったりする場合があります。

    具体的には、外壁の仕上げ面に対して、建物の出入り口などにある庇(ひさし)が飛び出している場合などが考えられます。
    仕上げ物である庇は足場の支柱の荷重を負担できないため、ブラケットで持ち出すことが効果的です。

    このように、建物の形状に合わせて足場ブラケットを追加することで、効率的に作業を進めることができ、
    余計な作業に掛かるコストを抑えることができます。


    2-2.仕上げのための下地作業


    外壁の仕上げに必要な下地取付作業は、作業員が手を届かせたい対象と、
    外壁の仕上げを考慮して設置した足場との間に、少し距離がある場合が多いです。

    建物内部に「立馬」と呼ばれる可搬式作業台や高所作業車を設置できない場合には、
    足場からブラケットを張り出して作業床を設置する必要があります。

    また、下地の作業が終わったあとも、ブラケット足場なら簡単に解体することができるため、
    スムーズに仕上げ作業に移ることができます。


    2-3.建物と足場との乗り入れ


    外壁が仕上がるまでの間、建物と足場との渡り通路を設置することで、
    作業員の移動の手間が減り、作業の効率がアップします。

    建物の躯体と足場との間には外壁の仕上げ材が設置されるため、一般的に500mm程の距離が取られています。
    そのため、足場からブラケットを建物側に張り出すことで、作業員の作業通路として使用することができます。

    2-4.材料取り込み用のステージ


    建物の建設中は、さまざまな材料を建物内部に取り込む必要があります。
    高さのある建物に対しては、足場の外側に張り出しブラケットを使用してステージを組み、
    クレーンを使用して材料を取り込むことが、効率の良い材料の取り込み方法の1つです。

    この場合、墜落の危険がある開口部となるため、決められた積載荷重を守ることや
    墜落防止措置を設置することが重要です。


    2-5.狭小地での一側足場


    隣の敷地との距離が近接しており、一般的な二側足場を組み立てられない場合は、
    一側のブラケット足場を組むことがあります。

    ブラケットによる一側足場は簡易的で作業性が良い反面、二側足場よりも安全性が劣るため、
    足場の控えや壁つなぎを多くしたり、墜落防止用の親綱を設置したりするなどの対策が必要です。

    3.足場ブラケットの種類

     
    足場ブラケットには、さまざまな種類があります。
    用途によって使い分けることで、作業効率がアップし、コストも抑えられます。
    それぞれの特徴を紹介するので、ぜひチェックしてみてください。


    3-1.固定ブラケット




    固定ブラケットとは、ブラケットの水平材の長さが一定であり、調整できないものを指します。
    水平材の長さは複数あり、外壁の仕上げとの距離に合わせて使い分けます。
    固定ブラケットには、支柱をクランプでつかむタイプと、くさび足場や次世代足場専用のくさび打ち込みタイプの2種類があります。

    クランプ式は、支柱のどこでもつかむことができるため、高さを自在に調整することができます。
    一方で、くさび打ち込みタイプは、足場の支柱に設けられているくさび受けにくさびを打ち込むため、
    ブラケットを設置する高さが限定されます。どちらも軽量な足場材で、重量をしっかりと支えられ、安定性があります。

    中央ビルト工業には、くさびブラケット(固定ブラケット)として、300mm、400mm、600mmの3種類の長さの製品があります。

    3-2.伸縮ブラケット




    伸縮ブラケットは、水平材の長さを100〜200mm程度、自在に調整できるブラケットを指します。
    ブラケット先端の差し込み菅が自在に伸縮し、抜け防止もされているので、安全に使用することができます。

    複雑な形状の外壁に対して幅広く使用できるため、一般的に固定ブラケットよりもリース代が高いです。

    中央ビルト工業の製品にも持送りわく(伸縮ブラケット)があり、
    調整範囲は300~500mm、500~750mm、750~1000mmの3種類です。


    3-3.張り出しブラケット


    張り出しブラケットは、足場の中段から作業床を拡張する際や、
    材料の取り込みステージの作業床受けとして使用されます。
    水平材の先端に支柱材の受けがあり、そこに支柱を差し込むことで作業床を拡張することができます。

    ステージとして使用する際は、作業床の積載荷重表示や開口部の墜落防止措置を必ず行う必要があり、
    張り出しブラケットの先端に支柱を差し込んで墜落防止の手摺として使用します。

    中央ビルト工業には、ジョイントブラケットとして、300mm、400mm、600mmの3種類の長さの製品があります。


    3-4.ネットブラケット


    ネットブラケットとは、建物躯体と足場との間に落下防止用のネットを設置するために設けるブラケットを指します。
    ネットブラケットと合わせてネットを設けることで、躯体と足場の間からものが落ちた場合でも、層間ネットに引っ掛かります。

    そのため、直下にいる作業員を落下物から守る重要な役割を担っています。
    ネットブラケットは、外壁の仕上げ作業に支障がある場合は、一時的に折りたたむことができます。
    作業終了後元に戻すだけでよいため、安全設備を簡単に再設置することができるメリットがあります。

       

    4.まとめ





    今回は、足場ブラケットの用途や種類、それぞれの特徴を解説してきました。
    適切なブラケットを選ぶことで、現場の作業員の作業性や安全性の向上につながるとともに、
    コストも削減することができます。

    本記事を参考に、適切な足場ブラケットを選定することで、足場に掛かる費用を抑え、
    効率よく、安全な現場を実現しましょう。
  • 足場の番線とは?締め方とポイントも解説
    建設現場にて足場材の固定などによく使われる番線ですが、
    固定する際の正しい締め方やポイントを知りたい方もいるでしょう。
    番線による足場板などの固定は、高所の足場上で作業する人の命を預かる重要な役割を担っています。

    本記事では、足場の番線の締め方を詳しく解説します。
    番線の適切な締め方を知ることで、安全な足場を設置し、建設現場における事故を防ぎましょう。


    ▼ 目次
     1.足場の番線とは
        2.  足場の番線の太さ
         2-1.  10番線
         2-2.  12番線
         2-3.  21番線(結束線)
       3.  足場の番線の締め方
           3-1.  2本締め
           3-2.  1本締め
       4.  足場の番線を縛る時のポイント
            4-1.  締めつけ過ぎない
           4-2.  足場材の角で絞る
           4-3.  番線同士の交点を輪のある先端に近づける(2本締めの場合)
           4-4.  締めた番線の余った先端は切って処理する
        5.  まとめ


    1.足場の番線とは

     
    番線とは、建設現場で足場などの結束に使用される鉄線のことをいいます。
    番号によって太さが異なることから番線と呼ばれます。
    番線は、焼きなましと呼ばれる方法によって熱処理されており、
    手で簡単に曲げられるほど柔らかいという特徴があります。

    番線は針金に似ていますが、針金よりも加工がしやすいため、
    足場材の緊結や梱包など作業の用途に合わせて幅広く使用されています。
    一方でサビやすい特徴があるため、仕上げ材などの固定には使用されません。
    番線は、太いものほど数字が小さいです。

    必要な強度や加工のしやすさなど、用途によって番線を使い分けることで作業効率をアップさせることができます。
    一般的な足場の作業においては、12番線が多く使用されています。
    通常はメートル単位で円形に束ねられて売られていますが、結束用に切断された状態で販売されているものもあります。

    番線を使用して足場材などを結束する際には「シノ」と呼ばれる工具を使用します。
    コツさえ覚えれば誰でも簡単に結束することができます。


    2.足場の番線の太さ




    建設現場で主に使用される番線は10番、12番、21番です。
    番線の強度や扱いやすさによって用途を使い分けることで作業効率が上がります。
    それぞれの特徴と主な用途を見ていきましょう。

     

    2-1.10番線


    型枠などの結束には、直径約3.2mmの10番線が使われます。
    生コンクリートの型としての役割を担っている型枠には、コンクリート打設時に大きな圧力がかかります。
    そのため、型枠の結束や押し引きに耐えられるよう、一般的12番線よりも少し太い10番線が多く利用されます。


    2-2.12番線


    建設現場で最も多く使われるのが、直径約2.6mmの12番線です。
    10番線より細いため、扱いやすく、一般的な足場材の緊結や荷崩れ防止のための結束に使用されます。


    2-3.21番線(結束線)


    21番線は結束線と呼ばれることが多く、足場の設置には基本的に使われることはありませんが、
    鉄筋の結束などに使用されます。
    直径約0.8mmの針金ほどの細さで、容易に扱えることから鉄筋の配筋作業においてはなくてはならない存在です。

    「ハッカー」と呼ばれる工具を結束線の輪に通して、手首をスナップすることで、鉄筋を縛ることができます。


    3.足場の番線の締め方

     
    足場の番線の締め方は、主に2種類あります。
    番線を絞めつけるために必要な工具は、番線を切るための「番線カッター」と、
    番線を締めつけるための「シノ」だけです。

    番線の締めつけ作業は、足場で作業する作業員の安全を守るための重要な作業の1つです。
    適切な締め方を解説するので、ぜひチェックして現場での事故をなくしましょう。

    3-1.2本締め




    建設現場の足場作業において最も多く使用される番線の締め方が、2本締めです。
    2本締めは、番線を番線カッターで縛りたい材料の幅に合わせてカットし、画像のように半分に折り曲げた部分に輪をつくります。

    この状態で、縛りたい資材同士の周囲に、ぐらつきがないよう最短距離で番線を巻きつけます。
    番線を巻きつけたら、交差させてできるだけ締め付けます。
    締め付けた番線同士を時計回り(左利きの場合は反時計回り)に軽くねじります。

    軽くねじったら輪の中にシノを2cm程差し込み、
    輪になっていない側の番線を巻き込みながら時計回り(左利きの場合は反時計回り)にさらにねじります。
    この際に、輪になっていない番線の先端を左手で固定しながらシノを回すのがポイントです。
    輪を2回転ほどねじると堅固に締めることができます。

    3-2.1本締め


    足場材を2本締めで縛りづらい場合や簡易的に縛りたい場合には、1本締めを使用します。
    1本締めでは、番線を半分に折り曲げずに使用します。
    2本締めの場合と同様に、番線を巻きつけ、交差させて締め上げます。
    交差した番線同士を時計回り(左利きの場合は反時計回り)に軽くねじります。

    ねじった交点にシノを近づけて、ねじり合わさっている番線をシノに巻きつけて輪をつくります。
    左手で番線の先端を固定しながら、右手のシノを時計回り(左利きの場合は逆)に回します。
    輪を2回転ほどねじると堅固に締めることができます。

    4.足場の番線を縛る時のポイント

     
    先述した足場の番線の縛り方には、堅固に締めるための方法や、
    その足場を安全に利用できるようにするためのポイントが4つあります。
    それぞれ解説するので、一緒に見ていきましょう。


    4-1.締めつけ過ぎない


    番線は引張方向の力には強いですが、ねじれには弱いため、締めつけすぎると破断してしまいます。
    そのため、締めつける際は、番線と足場材とのすき間がなくなってから半回転する程度がベストです。

    万が一、破断してしまった場合は、その番線は弱っているため、再利用せずに新しい番線を使用しましょう。

    4-2.足場材の角で絞る


    番線を交差させる交点は足場材の角にすると締め付けやすいです。
    角を利用すると番線と足場材のすき間を減らすことができ、シノを回す回数も少なくて済むため、作業効率が上がります。

    足場材の中央に番線の交点をつくると、足場を利用する作業員がその交点につまずいて転倒したり、
    転倒した勢いで足場から転落したりする恐れがあります。
    これらの理由からも、番線の交点は、角に設けるのがベストです。


    4-3.番線同士の交点を輪のある先端に近づける(2本締めの場合)


    2本締めの場合、足場材に巻きつけた番線同士の交点を、
    輪をつくったあとに2本の番線を交差させた部分に近づけると締め付けやすいです。

    交点を交差部分から遠ざけると足場材と番線との間にすき間が増え、
    番線を回す回数が増えてしまうため、あらかじめ近づけておくのがポイントです。



    4-4.締めた番線の余った先端は切って処理する


    番線を締めたあとに余った先端は短く切って処理しておくことをおすすめします。
    長いまま処理せずにおくと、足場を利用する作業員が番線に引っ掛かり、転倒や足場から転落する恐れがあるためです。

     

    5.まとめ




    今回は足場の番線の締め方について詳しく解説しました。
    足場を組む際に番線を適切に使用することは、足場上での事故を減らすための重要な要素の1つです。
    本記事で説明した番線の適切な締め方と処理方法を参考にすることで、現場での足場を原因とする事故をなくしましょう。
  • 仮設機材に使われる「メッキ」とは?ドブメッキとプレメッキの違いや特徴を解説
    鋼材の表面処理方法の1つにメッキがあります。
    メッキとはどのような処理方法で、どんな効果があるのか気になる方もいるでしょう。
    メッキの効果を知れば、建設資材の材質の検討やコストの削減ができます。

    今回はドブメッキとプレメッキの違いや、それぞれの特徴について解説します。
    本記事でメッキについて知ることで、耐食性やコストを考慮した建設資材の選定が可能になります。


    ▼ 目次
     1.メッキとは何か
       2.  ドブメッキ(溶融亜鉛メッキ)とは
         2-1.  ドブメッキの特徴
           2-2.  ドブメッキの作用
        3.  プレメッキ(高耐食めっき鋼板)とは
         3-1.  プレメッキの特徴と作用
       4.  仮設機材にはどちらが使用されている?
       5.  まとめ


    1.メッキとは何か

     
    メッキとは、金属や非金属の表面に薄い金属の膜を張る加工技術を総称する言葉です。
    メッキと同じく、よく知られた処理方法に塗装があります。
    塗装は塗料を塗膜する表面処理方法であるのに対して、メッキは素材の表面に金属の皮膜を生成する処理を行います。

    メッキは製品に金属特有の光沢を与え、見た目を美しく仕上げます。
    また生成された皮膜によって、劣化やサビ、摩擦の予防効果も期待できます。メッキの由来は、「滅金(めっきん)」にあるといわれています。

    「滅金」とは水銀に金を浸す作業で、水銀で覆われて金がなくなったように見えるため、このように呼ばれていました。
    その後次第に「鍍金(めっき)」と呼ばれるように変化し、現在ではJISで定められた正式な表記は「めっき」となっています。
     
     

    2.ドブメッキ(溶融亜鉛メッキ)とは



    ドブメッキとは表面処理方法の1つで、高温で溶かした亜鉛に鋼材を浸し、表面の亜鉛被膜を形成する方法のことです。
    メッキ槽に鋼材を浸ける様子から「ドブメッキ」のほかに「テンプラメッキ」とも呼ばれています。


    2-1.ドブメッキの特徴


    ドブメッキは、橋梁やプールのドーム、ガードレールなど、さまざまな用途に使用されています。
    そんなドブメッキには以下のメリットがあります。

    ■防錆効果が高い
    ドブメッキの特徴の1つに防錆効果の高さがあります。
    メッキ処理時の電気化学作用によって緻密な保護被膜を形成することで、素材を長期間腐食から守ることができます。
    また、亜鉛皮膜、酸化亜鉛被膜には長期間の耐食性があるだけでなく、犠牲防食作用によって、ピンホールや傷を防食してくれます。

    耐候性は、メッキの厚さに比例して高くなります。
    また、溶融亜鉛メッキ処理された鋼材はコンクリートの中でも防食性を発揮します。
    カルシウムを多く含んでいる打設直後のコンクリートは、強アルカリ環境です。

    溶融亜鉛メッキの表面は強アルカリによって溶解しますが、カルシウムと反応した溶融亜鉛メッキ表面には保護性皮膜が生成されます。
    この保護皮膜のおかげで、アルカリ環境でもほとんど溶解しなくなり、下地の亜鉛被膜を保護します。

    ■コストパフォーマンスが高い
    ドブメッキには、コストに対して高い耐食性が得られるという特徴もあります。
    また、大気中・土壌中・海水中でも、追加の保守工事なしで優れた防食効果が継続するため、ほかの防食方法と比べて経済的です。

    ■密着性が高い
    密着性の高さもドブメッキの特徴です。
    溶融亜鉛メッキ皮膜は、鋼材と亜鉛との合金反応によって密着しているため、塗装と比較すると密着性に優れており、
    衝撃や摩擦によって剥がれることが少ないです。そのため、長期間にわたって素材を保護することができます。

    ■処理にムラがない
    ドブメッキは、溶融亜鉛メッキ槽に鋼材を浸す工法のため、細部に手が届かないような複雑な形状の鋼材にも、
    十分な厚さの均一なメッキ皮膜を作ることができます。そのため、ムラがない美しい仕上がりになります。


    2-2.ドブメッキの作用


    ドブメッキには「保護皮膜作用」や「犠牲防食作用」、「合金層」と呼ばれる作用があります。
    それぞれを詳しく紹介します。

    ■保護皮膜作用
    ドブメッキの作用の1つに「保護皮膜作用」があります。
    「保護皮膜作用」とは、素材と亜鉛の合金が作られることで、
    亜鉛メッキの表面に空気や水を通しにくい亜鉛の酸化皮膜が形成されることをいいます。

    この酸化皮膜は密着性が強く、剥がれ落ちることがありません。
    そのため、溶融亜鉛メッキ処理されたものは、ただの鉄素材と比較して腐食速度が遅くなります。

    ■犠牲防食作用
    亜鉛メッキ表面に薄い酸化亜鉛の皮膜が張られることで、よりサビに強くなります。
    万が一、傷によって素地が露出しても、傷周辺の亜鉛が鉄より先に溶け出して電気化学的に素地を腐食から保護します。
    これを「犠牲防食作用」といい、サビが広がることを防ぐ効果があります。

    ■合金層
    ドブメッキの大きな特徴の1つとしては、「合金層」も挙げられます。「合金層」とは、2つの異なる金属同士の間に発生する層のことです。
    この化学反応によって亜鉛と鉄が強力に結合するため、メッキが剥離しにくくなります。よく比較される塗装に対し、剥がれにくさの面では、溶融亜鉛メッキのほうが優れています。

    3.プレメッキ(高耐食めっき鋼板)とは

     
    プレメッキ(高耐食めっき鋼板)は、ドブメッキよりも優れた耐食性と耐久性を兼ね備えた鋼板です。
    通常の鋼板にアルミニウム、マグネシウム、亜鉛を主成分とする特殊なメッキ層を皮膜させることで、
    屋外環境や水気の多い劣悪な環境でも長期間耐食性を保持できます。

    プレメッキはドブメッキと比べても10倍以上の耐食性があります。
    代表的なプレメッキの製品としてZAM鋼板やエコガル、スーパーダイマなどがあります。

    3-1.プレメッキの特徴と作用


    プレメッキはドブメッキよりも優れた耐食性を持ち、そのほかにも以下のような特徴があります。

    ■ドブメッキよりコストパフォーマンスが高い
    プレメッキはドブメッキと同じ作用を持つだけでなく、ドブメッキに比べて高い耐食性があります。
    通常の鋼板に必要なメッキ処理が不要で、製造にかかる時間やコストを削減できます。

    ■仕上がりがきれい
    プレメッキは、ドブ漬け処理する際にできるダレや溜まりがないため、表面がきれいに仕上がるという特徴があります。
    耐候性が必要で、化粧としてステンレスを使いたいけれどコストオーバーしてしまう場合や、
    スチールにメッキ処理では見た目が気になる場合にはプレメッキの使用が適しています。

    ■導電性に優れている
    電気の流れやすさ(導電性)は金属の種類によって異なります。
    プレメッキに含まれるアルミニウムは導電性に優れており、静電気を逃がしやすい特徴があります。
    電子機器などは静電気によって誤作動を起こすことがあるため、プレメッキは電子機器類と相性が良いといえるでしょう。

    ■アルカリに高い耐性がある
    プレメッキは表面に亜鉛系保護皮膜が形成されており、成分としてマグネシウムやアルミニウムを含んでいます。
    この保護皮膜はアルカリに対して耐性が高く、コンクリートなどのアルカリ成分の浸食を強力に防ぎます。

    4.仮設機材にはどちらが使用されている?



    仮設機材としては、現状はドブメッキのほうが多く使用されています。
    しかし、ZAMやエコガルなどドブメッキよりも耐食性に優れたプレメッキ製品もあります。
    プレメッキの方が仮設機材が長持ちし、安全性も高いです。

    中央ビルト工業の仮設機材も基本はドブメッキを使用していますが、
    幅木やスカイフェンスには高耐食鋼板を使用しています。

    【幅木】
    ・各社くさび緊結式足場(次世代足場)用(φ42.7、48.6兼用)
    ・枠組足場用
    ・折り畳み式(φ42.7、48.6兼用)
    ・アルミスカイガード専用幅木
    ・妻側幅木

    【スカイフェンス(養生枠)】

    ・枠組足場用
    高さ850mm:幅596mm、896mm、1196mm、1496mm、1796mmの5種類
    高さ862mm:幅606mm、910mm、1215mm、1520mm、1824mmの5種類

    ・くさび緊結式足場用
    高さ900mm:幅591mm、891mm、1191mm、1491mm、1791mmの5種類
    高さ900mm:幅601mm、905mm、1210mm、1515mm、1820mmの5種類
    高さ950mm:幅601mm、905mm、1210mm、1515mm、1820mmの5種類


    5.まとめ



    今回はドブメッキとプレメッキの違いやそれぞれの特徴について解説しました。
    鋼材の使用用途や使用される環境によってメッキ処理方法を使い分けることで、安全性の向上やコスト削減につながります。
    本記事を参考に適切なメッキ処理を選定することで、低コストかつ安全性の高い現場を実現しましょう。




公式InstagramInstagram